コンタクトレンズを着けたのは中学1年の時

私は、初めてコンタクトレンズを着けたのは中学1年の時です。

部活をするのに眼鏡だと邪魔だな、と思ったのが最初で、初めて目にコンタクトレンズを入れる時は凄く怖かったのを覚えています。

カラーコンタクトを使用するようになったのは中学2年生の終わり頃です。

始めは安ければ良いと思い、自分の目にあっていない物を使用していました。

まず、自分にあったコンタクトレンズというのは、度数、レンズのカーブ、レンズの大きさ、厚さ等があります。

最初に買ったカラーコンタクトはカーブの角度が全く違く、厚さも結構あった気がします。

ずっと目の中がゴロゴロしていて、すぐに赤くなってしまいました。

眼球が傷付くと、コンタクトレンズが入れられないどころか、目を開けるのも大変になります。
下手をすれば目を失明することもあります。

それから必ず守らなければいけないのが使用期限です。

今は大体が1ヶ月の使用期限ですが、必ず毎日洗い、きっちり期限を守ることが大切だと思います。

目はストレスや疲れを感じやすい為、週に何回かはレンズを入れない日を作ると良いでしょう。

レンズを付ける前と、外した後にはアイボン等、瞳の洗浄薬で洗うと良いと思います。

一生綺麗な瞳でいる為には毎日のケアが大切だと言えるでしょう。

カラコン激安2week

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です